YouTube広告の収益を増やす方法について解説!

YouTubeは稼げないと思っていませんか?もちろんただ動画を作り続けているだけでは、YouTubeでの広告収益を増やすことには繋がりません。

しかし、どうすれば収益を増やすことができるのかイマイチよくわかりませんよね。「再生回数を増やせばいいの?」、「チャンネル登録者数がもっと増えればいいの?」など疑問がたくさんあります。

今回は、誰でも実践することができるYouTubeの広告収益を増やす方法を5つご紹介します。YouTubeで広告収益を増やしたい方やYouTubeを始めたい方におすすめです。

 

YouTube広告の収益を増やす方法5選!

今回ご紹介するYouTube広告の収益を増やす方法は以下の5つ。

広告
  • SNSを活用する
  • ジャンルを絞る
  • ミッドロール広告とポストロール広告を設定する
  • 年齢層が高いジャンルをターゲットにした動画を作成する
  • ビッグキーワードをタイトルに入れる

ここでは、それぞれの方法について解説していきます。

 SNSを活用する

YouTube広告の収益を増やす方法について解説!

YouTube広告の収益を増やすには、チャンネル登録者数や再生時間&回数の他に、SNSで宣伝することも大事な要素。SNSのフォロワーが増えるほど、様々なところから動画を視聴してもらえる可能性が広がり、結果的に広告収入upに繋がっていきます。YouTubeチャンネル開設と同時にInstagramやTwitterなどのSNSも開設しておくとよいでしょう。

ジャンルを絞る

YouTube広告の収益を増やす方法について解説!

色んなジャンルの動画を作るよりも、人気のジャンルに向かって自身の動画ジャンルを絞った動画作成をした方が収益upに繋がります。一般的に需要があり人気のジャンルは、「ゲーム実況やプレイ動画」、「ペットや子供、キャラクターなどかわいい系」、「音楽ジャンル(歌ってみた)」など。これらのジャンルは競争率も高いため、オリジナル性を含めた動画制作が大切です。

ミッドロール広告とポストロール広告を設定する

YouTube広告の収益を増やす方法について解説!

ミッドロール広告とは、動画の途中に入る広告のことで、ポストロール広告とは、動画の最後に入る広告のことです。これらの設定をすることにより、動画の最初だけに広告が入るよりもジャンルによっては収益が約1,5倍伸びる傾向にあります。やりすぎると動画が見づらくなり、そもそもの視聴数が減ってしまう可能性があるため注意しましょう。

年齢層が高いジャンルをターゲットにした動画を作成する

YouTube広告の収益を増やす方法について解説!

広告は、商品を購入してくれる可能性が高い層に向け優先的に広告が配信されます。したがって、キッズ向けのコンテンツよりも、年齢層が高いジャンルに向けた動画や、コンテンツ作りをしていけば結果的に広告収入upに繋がっていきます。

ビッグキーワードをタイトルに入れる

YouTube広告の収益を増やす方法について解説!

YouTubeでは、視聴者がどんなものに関心があり、興味をもっているのかといったことを分析することで再生回数を延ばすきっかけになります。自身の動画タイトルに検索されやすいキーワードを入れることで、検索の上位に表示される可能性があがり、収益upにも繋がっていきます。

 

YouTube業界はこれから伸びるかも!?

今回は、YouTube広告の収益を増やす方法についてご紹介しました。現在多くのユーチューバーが存在し、テレビ業界をも超える勢いのあるYouTube。テレビじゃなくてYouTubeを見るという若者や、ユーチューバーが小学生の将来なりたい仕事ランキング3位になるなど、まだまだ可能性の秘めたYouTube業界です。今からだと遅いと思いYouTubeを始めていない方も収益がなかなか伸びない方も、まだまだ間に合います!ぜひ、今回紹介した方法で収益upを目指してみてください。

広告