カードローンのシステムと3つの大きな特徴

広告

現在では、カードローンの先駆者でもある大手消費者金融が都市銀行のグループに加わっていることで消費者金融への信頼性が増しています。

また、大手銀行のほとんどがカードローンを提供しているため、カードローンの利用者が非常に多くなっています。

広告

そこで本記事では、カードローンのシステムと3つの大きな特徴について紹介します。それでは、さっそくみていきましょう。

カードローンのシステム

カードローンというのはその名のごとく、クレジットカードのようなプラスチックカードを使い、コンビニATMなどから現金を借入れることのできる少額ローンのことです。

また、ネットから申込んで、所有する銀行口座に借入金を振込んでもらうこともできます。

広告

借入金の返済も色々な方法が備わっており、銀行口座からの引落としやコンビニATMからの入金、Pay-easyを利用したネット振込など、利用者の都合の良い方法で返済ができます。

カードローンのシステムと3つの大きな特徴

ちなみに、最近ではカードレスのカードローンも提供されており、借入や返済がネット専用になっていたり、スマホでQRコードを表示するとコンビニATMから現金を引出せたりします。

カードローンの特徴

カードローンには主に以下の3つの特徴があります。

1.無担保・無保証人

カードローンは無担保・無保証人になっています。不動産や証券などの担保を必要とせず、債務を肩代わりする保証人も要りません(銀行カードローンは保証会社の保証が条件)。つまり、カードローンの業者は利用者個人の信用に対して融資をしています。

担保も保証人も不要なため、利用者に定期収入さえあれば、審査が非常に早く終わります。消費者金融では契約を申込んだその日の内に借入のできる即日融資が一般的です。

2.継続借入が自由

住宅ローンやマイカーローン、学資ローンなど、特定の目的のために借入契約をする目的別ローンは、新たな契約を申込むごとに審査を受けなくてはなりません。

ところが、カードローンは契約時に設定された利用限度額の範囲内なら、いつでも自由にATMから現金を引出せ、また借入金を銀行口座に振込んでもらうことができます。借入金が残っていたとしても関係なく、追加借入が可能です。

3.使用用途が自由

住宅ローンやマイカーローンの目的別ローンは当然、住宅やマイカーの購入にしか借入金を利用できません。そして、借入金は利用者に渡されず、住宅やマイカーの販売企業に直接入金されるのが一般的です。従って、利用者は目的以外のことに借入金を流用することができません。

一方、カードローンの場合は借入金が利用者の手元に入り、その借入金の使途に対する制約を受けません。生活費に充てようが、旅行の費用や家電製品の購入代金に回そうが利用者の自由です。

カードローンを活用しよう

カードローンは利用者の自由度が高いのが最大のメリットで、審査も通過しやすいのが特徴です。これからまとまった金額が必要になるという人は、ぜひ利便性の高いカードローンを検討してみましょう。

広告