どうしたらお金を節約できるの?まずはこれだけ押さえよう

節約は良いことですが、なぜ節約しなければいけないのか考えたことはありますか?本記事では、節約を行う前の考え方と節約のヒントについて解説します。

お金を節約したいですよね。お金はいくらあっても困らないものです。

お金の余裕は心の余裕とも言いますし、少しでも節約して貯金をし将来に備えたいと考える方もいるでしょう。

そこで今回は、お金の節約方法について、初心者の方でも分かるように易しくまとめました。3分ほどで分かるように解説しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

節約方法を知る前に!そもそもなぜ節約したいの?

「節約=絶対的に良いこと」という認識を持っている方も多いと思いますが「なんとなく」では節約を続けることはできません。節約を成功させ一定のお金を貯めるには、数十円を数年かけて貯めるようなイメージで行わなければいけないからです。

広告

例えば水道の水をこまめに止めることで月300円を節約するーー1年間続けても3600円しか貯まりません。でも10年続ければ36000円の節約になりますよね。節約とは、小さな小さな気遣いを数年、数十年という長い期間コツコツと続けていくことなのです。

節約はもちろん良いことですが、そもそもなぜ節約したいのか、その目的をはっきりさせることで継続ができるようになるでしょう。

収入と支出を全体的に見つめ直そう

節約方法知る前に大切なのは、収入と支出の関係をきちんと把握しておくことです。収入と支出の関係を客観的に見直すだけでも無駄が見つかり節約につながります。例えば下記のように収入と支出を書き出してみるのも良いでしょう。

給料手取り 25万
貯金したい金額 2万
家賃 7万
公共料金 1万
通信費 1万
税金など 1.5万円
クレジットカード支払い 2.5万円
生活必需品 1万

 

この場合、全てを差し引いて残った額は10万円。これなら1日に3000円ほど使うことができ、やりくりすれば旅行にも行けるでしょう。お金を集中的に貯めたい時でも、これなら調整可能であることが分かります。

お金の節約方法10選!

節約にはいろいろな方法があります。できるものから試してみてください。

  • 買い物は常に100円ショップを利用する
  • 食事は外食せずに自炊する
  • 無駄な買い物はしない
  • お酒やタバコを止める
  • 電子マネーを利用してポイントを貯める
  • 飲み物は水だけ
  • 通信費の無駄を見直す
  • 不用品はリサイクルショップに売る
  • 髪の毛は自分でカット
  • 洋服にお金をかけない

基本的に節約は「ものを買わない」または「ものにお金をかけない」ことですることができます。例えば、外食はしない、買い物は常に100円ショップでする、などがこれに当たりますね。

また、不用品をリサイクルショップに売るなど、お金を生み出すことでも節約をすることができるでしょう。余裕があれば株式投資やFXなどの投資を行うことでもお金を増やすことができます。

お金を節約するには計画的に継続することが大切

今回は節約について解説しました。本記事が節約方法についてより詳しく知りたいと思うきっかけになれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

注意 : 投資やFXには常にリスクが伴います。投資やFXを始める場合は、自己責任において行うようお願いいたします。

広告