投資知識がゼロでも利益が得られるロボアドバイザー

「ロボアドバイザー」という言葉を聞いたことがありますか?初めて聞く、という方も多いかも知れませんね。

投資というと、「難しい、損する」ということが頭に浮かびますが、そんな不安を払拭できるサービスがあります。それが、「ロボアドバイザー」です。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を搭載したコンピュータが利用者に代わって、資産を運用するツールのことです。

ロボアドバイザーの種類

ロボアドバイザーには「投資一任型」と「アドバイス型」の2タイプがあります。

①投資一任型

ポートフォリオ(投資商品に対する資産配分)の提案から商品の買付け、運用、リバランスまで全てロボアドバイザーが行います。従って、利用者は運用結果を確認するだけで済みます。

広告

②アドバイス型

アドバイス型はその名の通り、利用者にポートフォリオの提案をするだけです。商品の買付けやリバランスは利用者自身で行います。

投資知識がゼロでも利益が得られるロボアドバイザー

ロボアドバイザーの特徴

一般的に、ロボアドバイザーというと投資一任型を指します。投資一任型には以下の機能があります。

1.ポートフォリオの提案

ロボアドバイザーに申込むと、利用者に対していくつかの質問が出されます。質問に対する回答内容によって、利用者の投資意向やリスクに対する許容度が判定されます。その判定内容によって各利用者に適したポートフォリオが提案されます。

なお、リスク許容度は1~5までの5段階があり、リスク許容度が高くなるほど株式の比率が高くなり、低くなるほど債権の比率が高まります。

投資知識がゼロでも利益が得られるロボアドバイザー

2.自動積立

ロボアドバイザーは1万円や10万円などの少額で投資が始められます。また、毎月1万円から自動的に定期投資のできる自動積立の機能が備わっています。

自動積立には主に以下のメリットがあります。

①一度にまとめて投資するわけではないため、暴落があった時に損失を抑えることができます。また、暴落によって値下がった価格で投資商品を購入できます。

②定期的に定額の資金を投資するため、保有商品の平均単価を下げることができます。つまり、同じ価格を投資に回すため、価格の高い商品の購入数は少なくなり、価格の安い商品の購入数は多くなります。従って、投資金額に対する商品数が多くなり、必然的に保有商品の平均単価が下がります。また、平均単価が下がれば、価格下落時のリスクを低減できます。

3.リバランス機能

ロボアドバイザーで長期間運用していると、どうしても相場の変動などによってポートフォリオにズレが生じます。例えば、株式対債権の比率が6:4だったのに、いつの間にか7:3になったりします。そのようなズレが生じると、ロボアドバイザーは自動的に保有株式を売却したり、債権を追加購入したりして、ポートフォリオのバランスを修正します。

ロボアドバイザーを利用しよう

ロボアドバイザーは投資未経験者でも、安心して投資に資金を回せる利便性の高いツールになっています。

広告