お金持ちの人の職業は?男女別に発表します!

お金持ちの人が就く職業には特徴があります。その特徴は男女で異なるのをご存知ですか?今回はお金持ちの人が多い職業を男女別にみていきましょう。

「お金持ち」と聞くとどのようなイメージがありますか?お金持ちの人はどのような職業に就いているのでしょうか。

お金持ちの人には共通した職業があると言われています。いったいどのような職業に就けば、お金持ちになる要素を生み出すことができるかについて解説します。

そこで今回は、お金持ちの人が就く職業を男女別にご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

 

お金持ち女性の職業5つ

お金持ちの人の職業は?男女別に発表します!

広告

ここではお金持ち女性の職業を5つご紹介していきます。

大学教授

大学教授となるとその年収は約1000万円だと言われています。また、大学教授は研究を行いながら自分の得意分野を追究するなど、好きな研究や働き方ができて年収1000万円稼ぐことができるのはとても良い職業だと言えますね。

 

医師

女医として働く医師はお金持ちという流れは一般的ですね。勤務医であっても年収1000万円以上稼ぐため、女性でありながらお金持ちだと言えます。しかし、より一層稼いでいるという医師はやはり開業医ですね。開業医、さらに病院を経営する医師はよりお金持ちだと言えるでしょう。

 

弁護士

弁護士という職業も、手堅い職業だと言われているため、お金持ち女性に多い職業だと言えるでしょう。現在、弁護士の平均年収は下がっていると言われていても、それでも一般的な職業と比較しても年収は高いと言えます。また、安定的な高収入を得られる職業としても人気です。

 

公認会計士

国家資格は難易度が高く、誰でも簡単に就ける職業ではありません。しかし、資格取得することで高収入が期待できます。また、公認会計士は女性が就く職業としても人気が高く、年々増加の傾向にあります。

 

外資系コンサルタント

外資系コンサルタントとして働く女性は、男性並みに高額収入を得ている可能性があると言えます。そのため、社会的地位も高く、年収1000万円以上を稼ぐことから、女性でありながらもお金持ちだと言えますね。

 

お金持ち男性の職業5つ

お金持ちの人の職業は?男女別に発表します!

ここではお金持ち男性の職業を5つご紹介していきます。

社長

お金持ちの男性によくある職業は起業することによる社長と呼ばれる重役ではないでしょうか?実際、一般社員の位置付けとは異なり、社長という立場となると稼ぐ給料も高額となるため、当然お金持ちになると言えるでしょう。

 

パイロット

お金持ちの男性と言えばはハズせない職業がパイロットです。パイロットになるとその平均年収は2000万円以上であると言われています。とは言え、とても責任重大な仕事であり、誰もがそう簡単に就ける職業ではないことを考慮すると、やはり高額給料であることは想定範囲内ですね。

 

投資家

お金持ちの男性は起業して会社を経営するなどというケース以外に投資家であるということが考えられます。実際、投資家となり成功している男性も多く、驚くほどのお金を稼いでいます。本当の投資家こそ、士業以上の成功者となる可能性を秘めています。しかし、ハイリスク・ハイリターンを覚悟で行うべき職業だと言えるでしょう。

 

スポーツ選手

お金持ちの男性の中にはごく一部ではあるものの、プロスポーツ選手が挙げられます。スポーツ選手となって活躍すると、20代の若さでも年収1億円以上の収入を得ることができます。それも本人の素質とも言えますが、一握りしかいない中で幅広い活躍を見せる選ばれしスポーツ選手は高額年収を稼ぐと言えるでしょう。

 

一流企業の社員

お金持ちの男性によくある職業と言えば、一流企業に勤める社員であることが挙げられます。特に有名な企業で働く男性の場合、年収1000万円を超えることが当たり前であるといえるでしょう。特にメガバンクやマスコミ業などは給料も高く、一般サラリーマンと比較にならないほどお金持ちであると言えますね。

 

 

士業は男女ともにお金持ちの傾向

お金持ちの人の職業は?男女別に発表します!

今回はお金持ちの人の職業についてご紹介しました。やはり、お金持ちの一般的な王道と言えば士業のつく職業だと言えますね。今の時代は男女とも高額年収を稼ぐ職業に就く方も増えているため、お金持ちを目指す方はぜひ、職業も真似てみると良いですね。

広告