介護費用とは?費用がない時の対処法を解説します

今回は介護費用がない時の対処法について解説します。老人ホームの入居費用を減らす方法についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

少子高齢化時代となり、高齢者が増加している中、介護を必要とする方も増えています。そのような中、在宅介護や特別養護老人ホームを利用するなどという方もいるでしょう。

しかし、そのような介護費用がない場合はどのように対処すれば良いでしょうか?そこで今回は介護費用がない時の対処法について解説します。

 

在宅介護にかかる費用は?

ここでは在宅介護にかかる費用をご紹介していきます。

広告

在宅介護の費用

在宅介護にかかる費用として、一時金が83.3万円、月額費用は4.4万円となります。一時金には自宅介護のためのリフォーム費用、また、介護用ベッドや車いすなどの介護用品の購入に充てられます。さらに、月額費用は訪問介護やヘルパーの力を借りること、また、デイサービスなどの介護施設を利用する際に必要となる費用になります。

 

特別養護老人ホームの費用

特別養護老人ホームは、一時金等の費用負担はなく、月額費用を負担するシステムとなります。例えば、要介護3の方であれば、施設介護サービス費や居住費、食費、日常生活費などをすべて合計すると約14万円の月額費用が必要になります。この中で特に施設介護サービス費については、要介護度が高くなればなるほどその費用が高額となります。さらに希望する居室によって月額費用も異なります。

 

有料老人ホームの費用

有料老人ホームには、介護費用として3.6万円、管理費4〜20万円、食費3〜6万円、光熱費5千〜2万円が必要となりますが、これらの費用は各施設によって異なります。一般的な有料老人ホームには、明確に価格設定があるというわけではなく、各施設によって金額にも大きな幅があると言えるでしょう。およその相場価格は、月額費用18〜23万円であることが多いと言われています。

 

老人ホームの入居費を減らす方法

ここでは老人ホームの入居費を減らす方法をご紹介していきます。

オプションを減らす

老人ホームの入居費を減らす方法として挙げられることは、おむつ代や通院の同行など、追加オプションの付帯を行うことで料金が高額となってしまいます。そのため、これらのオプションを付帯せず、家族で協力し合うことで不要なサービスを減らし、月額の負担額を減らすことができます。

また、居住空間となる部屋タイプを格安なところを選ぶことも大切です。また、当然ながら床面積が広い部屋ほど月額料金は高額となり、狭い部屋になればなるほど月額料金がリーズナブルとなるため、費用削減を検討されている場合は部屋タイプを再度検討されることをおすすめします。

 

料金の安い施設へ移動する

老人ホームの入居費を減らすためには、特別養護老人ホームなど公的な介護保険施設へ移動するのもひとつの方法です。ここであれば低料金で利用することができるため、費用の負担も軽く介護者への負担が軽減されると言えるでしょう。しかし、入居には条件があり、要介護3以上の方でなければ入居することができないため、様々な情報をリサーチしておくようにしましょう。

 

カードローンなどを利用する

老人ホームの入居費を減らす方法としては、一時しのぎでカードローンの利用を検討しましょう。特に大手消費者金融については、即日融資が可能なことも多く、すぐに支払いを行わなければならない場合に便利に利用することができます。また、30日間の無利息期間があるため、その間に完済すれば利息なく返済することができます。

 

老人ホームの費用が支払えない時は?

入居した老人ホームの費用が支払えなくなった場合は、今よりも安い施設へ移ることも検討しましょう。要介護度3〜5であれば特別養護老人ホームへの入居が可能となります。また、介護老人保健施設やケアハウス、グループホーム、サービス付き高齢者住宅など様々な施設があります。その際、介護保険負担限度額認定制度を利用することで、家賃や食費の負担を軽減することができます。月額費用を抑えて施設を利用できるため、検討材料に入れてみられても良いでしょう。

 

老人ホームの費用がない時は介護保険を活用しよう

介護費用がない時の対処法について解説しました。少子高齢化時代が到来し、高齢者が急増する中で、老人ホームなどの費用が支払えない場合は、介護保険負担限度額認定制度を利用し、負担額を軽減するようにしましょう。

広告