モナコインって何?将来性があるって本当?

モナコインという仮想通貨を知っていますか?実はモナコインは日本生まれの知名度の高い仮想通貨。今回はモナコインの概要とメリット・デメリットについてご紹介します。

「仮想通貨」と聞くとどのようなコインを思い浮かべますか?多くの方がビットコインを思い出すのではないでしょうか。

たしかにビットコインは仮想通貨を代表するコインですが、仮想通貨はビットコインだけではありません。

今回は知る人ぞ知るモナコインについてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

モナコインって何?

モナコインは2013年に日本で作成されたアルトコインです。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと。モナコインは、リップルやイーサリアムと合わせて日本国内でも知名度の高いコインとなっています。モナコインという名前の由来は「2ちゃんねる」のアスキーアートのキャラクターである「モナー」からきています。

広告

Wikipediaより)

モナコインの特徴は少額から取引をすることができ、何度もアップデートされることで独自の発展を遂げているところ。コミケや神社の建設に使われるなど、投資目的というよりはサービスの開発などに使われているのも大きな特徴です。

仮想通貨は多くが投資目的で行われていますので、サービス開発に使われるコインは珍しいと言えるでしょう。

モナコインのメリット

モナコインのメリットには以下のものがあります。モナコインは他のコインよりもさまざまな機能が搭載されており、高機能なのが特徴です。

  • 決済速度が速い
  • 決済速度が速いので店舗などでも使いやすい
  • 世界で初めてsegwitを搭載
  • アトミックスワップを導入

segwitとは、決済速度を速くし取引の不正を防ぐ機能のこと。segwitを取り入れたのはモナコインが世界で初となっており、安全性が保証されています。また、アトミックスワップとはやり取りの中で詐欺に巻き込まれるのを防ぐ機能のことで、個人間でも安全に取引を行うことが可能。

下記は、モナコインと他の通貨の決済速度の比較表です。

モナコイン 90秒
ビットコイン 600秒
ライトコイン 150秒

 

モナコインのデメリット

一方モナコインのデメリットは下記の点になります。

  • 日本国内でしか知られていない
  • アトミックスワップを導入しているため手数料が高い
  • 海外に送金ができない

モナコインは日本国内ではよく知られた仮想通貨ですが、海外ではほとんど知られていません。そのため、海外に送金することも難しくなるというのがデメリットだと言えるでしょう。

モナコインは日本初の知名度の高い硬貨

今回はモナコインについてご紹介しました。モナコインは日本で生まれた初めての仮想通貨で、日本のイベントやサービス開発では積極的に使われています。少額から取り扱うこともできますので、非常に取り組みやすい通貨だといるでしょう。

注意 : 仮想通貨の取り扱いや投資には常にリスクが伴います。モナコインを含む仮想通貨を取り扱う際には、自己責任において行っていただきまうようお願いいたします。

広告