投資信託って何?特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説!

投資信託は簡単に言ってしまえば、運用をお金のプロに任せることのできる投資商品です。投資商品は最安値いくらから買えると思いますか?答えは本記事でお確かめください。

突然ですが、投資信託とは何か知っていますか?聞いたことがある方もいるかもしれませんが、実際どのようなものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

「なんとなく」知っているのではなく、きちんと違いを理解しておきたいですよね。

そこで今回は、投資信託について、初心者の方でも分かるように易しくまとめました。3分ほどで分かるように解説しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

投資信託って何?

投資信託とは簡単に言ってしまえば、「投資家から集めたお金を専門家が株式や債券などに投資・運用する投資商品」です。専門家が投資された金額を運用し得られた利益は、お金を出した投資家たちに分配されます。投資家たちは自分で投資商品を運用する必要がありませんので、初心者でも取り組みやすいと言えるでしょう。

Investment trust image
投資信託協会ホームページより)

投資信託が利益を生む仕組みとは?

では、投資信託は具体的にどのように利益を生んでいるのでしょうか。投資信託は「投資信託運用会社」によって運用されます。

広告

投資信託という投資商品は、主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売され、投資家たちはそれらの販売会社から投資信託を購入するのです。

投資家が投資信託を購入することで集まったお金は「信託銀行」に保管され、専門家たちがそのお金の運用法を信託銀行に指図します。投資信託とは、こうして生まれた利益が投資家たちの元に還元されることで、利益が生まれる仕組みです。

投資信託のメリット

投資信託のメリットは以下の5つ。

  1. 100円から始めることができる
  2. 投資した資金の運用をする必要がない
  3. 運用のプロに任せられるので初心者でも安心
  4. 分散投資が基本なので元本を大きく失うことがない
  5. 個人では投資できないような対象にも投資できる

投資信託は今では100円から始めることができます。投資した資金の運用を完全にプロに任せることができますので、初心者の人でも安心して取り組めるのが特徴です。

また、一般的な投資では投資先は自分の知っている投資先に止まってしまいますが、プロに任せることで個人では投資できないような対象にも投資ができるのも魅力だと言えるでしょう。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは以下の3つ。

  1. 手数料がかかる
  2. 元本が減る可能性もある
  3. 元本保証もされていない

投資信託は運用のプロに全てを任せますので、手数料がかかります。この手数料は自分で運用すれば必要のないものですので、もったいないと感じる人もいるでしょう。また、預金のように元本保証もされていませんので、最悪の場合元本が減る可能性もあります。

投資信託は投資初心者の方におすすめ!

今回は投資信託について解説しました。本記事が投資信託についてより詳しく知りたいと思うきっかけになれば幸いです。

投資信託はプロに運用を任せることができますので、手数料がかかっても良いからお任せしたい!という初心者の方におすすめです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

注意 : 投資信託には常にリスクが伴います。投資信託を始める場合は、自己責任において行うようお願いいたします。

広告