相続税の計算方法は?知っておくべき3つのポイント

財産や資産が次の世代へと相続されてる際にかかる相続税。全ての遺産にかかるわけではありませんが、相続財産の金額によっては相続税を納税する義務があるのです。

また、相続人となる範囲については民法によって定められており、配偶者は第一相続人となります。実際に相続人となった場合、相続税の計算方法について分からないことが多いでしょう。

そこで今回は、相続税の計算方法や、相続税について知っておくべき3つのポイントについてまとめました。本記事の3つのポイントを知っておくだけで、相続税への理解がグンと高まりますよ。

 

相続税とは?

相続税とは、相続や遺言によって遺産を相続する場合に、相続財産の金額が一定額以上であった場合に納付すべき税金のこと。被相続人の相続財産を相続する場合、その金額次第では、それぞれの相続金額に対する相続税率が適用となり、相続人にかかる相続税の納付金額を知ることができます。もしも一定金額を超えない範囲の相続財産であった場合は、相続税の納税義務はありません。

広告

 

相続税の基礎控除

相続税の基礎控除は、基礎控除額を超えた場合は相続税の納税義務があり、基礎控除の額の範囲内であれば相続税が掛からず納税義務はありません。これらは法定相続人数で金額が異なります。基礎控除額は「3000万円+法定相続人の人数×600万円」となり、法定相続人が1人増えるごとに600万円の基礎控除が増える計算となります。

また、相続遺産の中には不動産などもあり、その場合は預金財産で相続税の支払いが行えないケースも多く、相続人が自身の財産や銀行からの借入によって、あるいは不動産を売却することで相続税を納税する義務を負うこともあります。このように、相続遺産の中に土地が含まれる場合は税理士などの専門家に依頼することも検討しましょう。

 

相続税の計算方法

相続税の計算方法は以下の方法によって行いましょう。

 

基礎控除額が3000万円+600万円×法廷相続人の人数

 

この時、相続財産が基礎控除額以下であれば相続税の納付義務はありません。

 

保険等非課税限度額が500万円×法廷相続人の数

 

例:法定相続人が配偶者と長男、長女、次男の場合、基礎控除額は「3000万円+4人×600万円=5400万円」となります。

 

遺産に土地が含まれる場合は専門家に相談しよう!

相続税の計算方法や、相続税について知っておくべき3つのポイントについて詳しく解説しました。相続税は、相続財産が基礎控除額以下である場合は相続税の納付義務はなく、反対に基礎控除額を超える場合は相続税の納付義務があることが分かりましたね。また、相続財産の中に土地が含まれる場合は、相続税の計算方法も異なるため、相続税の専門となる税理士へ相談・申告を依頼されることをおすすめします。

広告