ファイナンシャルプランナーって何?特徴を分かりやすく解説!

ファイナンシャルプランナーはお金のスペシャリストとして知られていますが、実はあまり知られていない苦労もあるんです。今回はファイナンシャルプランナーの概要やメリット・デメリットについてまとめました。

突然ですが、ファイナンシャルプランナーとは何か知っていますか?お金のプロというイメージを持っているかもしれませんが、あまり詳しく知らないという方も多いでしょう。

「なんとなく」知っているのではなく、きちんと違いを理解しておきたいですよね。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーについて、初心者の方でも分かるように易しくまとめました。3分ほどで分かるように解説しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーって何?特徴を分かりやすく解説!

ファイナンシャルプランナーとは、その頭文字をとって「FP」と呼ばれています。ファイナンシャルプランナーの仕事はお客さんの資産に関する相談に乗ったり、資産運用に関する情報を集めたり、資産の運用の計画を立てることが仕事です。

広告

ファイナンシャルプランナーのお金の知識は以下の6つに分けられます。

ライフプランニング 年金や生涯の資産などの知識
タックスプランニング 税金対策などの知識
金融資産運用 投資などの資産運用などの知識
不動産 不動産資産の運用に関する知識
相続・事業承継 相続や事業の継承に関する知識
リスク管理 生命保険などに関する知識

 

ファイナンシャルプランナーには、税金対策、不動産管理、さらには相続に関してまでお金に関する幅広い知識が必要です。

ファイナンシャルプランナーのやりがい

ファイナンシャルプランナーのやりがいは以下の3つ。

  • 誰にも聞けない他人のお金の話が聞ける
  • 人生のパートナーとして信頼してもらえる
  • 学んだ知識が自分の人生にも役立つ

お金の話というのは、親友や恋人でもなかなか聞けないもの。そんなお金の話を聞けるというのは、ファイナンシャルプランナーの醍醐味だと言えるでしょう。また、お金の相談をしてもらえる、お客さんに信頼されているという点もやりがいの一つ。ファイナンシャルプランナーとして学んだ知識は自分の人生にも大いに役に立ちます。

ファイナンシャルプランナーの大変なこと

ファイナンシャルプランナーの大変な点は以下の3つ。

  • 間違いは許されない
  • 深いコミュニケーション能力が求められる
  • 常に新しい知識を学び続ける必要がある

ファイナンシャルプランナーは顧客の資産運用に関するアドバイスをする限り、失敗は許されません。顧客の資産という非常に大切なものの相談を任されるというプレッシャー、簡単には信頼してもらえないという難しさもあるでしょう。また、常に新しい知識を学び続けなければいけないという難しさもあります。

ファイナンシャルプランナーはお金のプロ

ファイナンシャルプランナーって何?特徴を分かりやすく解説!

今回はファイナンシャルプランナーについて解説しました。本記事がファイナンシャルプランナーについてより詳しく知りたいと思うきっかけになれば幸いです。ファイナンシャルプランナーについてさらに知りたい方は「日本FP協会のホームページ」をご覧ください。

広告