知っていると自慢できるかも!?ユーロの豆知識

本記事ではユーロの意外と知らなかった豆知識についてご紹介します。知っていると自慢できるかもしれませんよ!

ユーロはEUに加盟しているヨーロッパの12ヵ国で使用される通貨。旅行に行く時に各それぞれ訪れる国によって両替の必要性がない分とても便利ですね。

ところでユーロはどの国で使われているのか知っていますか?また、ユーロに描かれている建物はどこにあるのでしょうか?

今回はそんなユーロについて知っていると自慢できる豆知識を解説していきます。3分くらいで読めますのでぜひお楽しみください。

 

ユーロとは?

ユーロとは、欧州における通貨単位のことを指し、日本の「円」やアメリカの「ドル」と同等の位置付けとなる通貨の単位。

広告

このユーロについてはひとつの国のお金という認識ではなく、ドイツやフランス、イタリア、スペイン、ベルギー、ギリシャ、アイルランド、ルクセンブルク、オーストリア、オランダ、フィンランド、ポルトガルでも利用される通貨です。

このユーロは、為替相場がドルよりも安定していると言われているため、投資に期待される通貨であることから、世界の投資家が投資活動のために利用しています。一般的にユーロ円の取引を行う際は、ユーロ円預金以外にもユーロ円債、ユーロ円CD、ユーロ円CPがあり、これらが金利裁定の活発化を測っています。

ユーロ円は海外輸出業者が円建て輸出代金を受け取り、また、円建ての貸し出しや円建て外債発行など、日本国から海外に向けて円の送金を行うことで創出されているのです。

 

ユーロにまつわるQ&A

知っていると自慢できるかも!?ユーロの豆知識

ここではユーロにまつわるQ&Aをご紹介していきます。

ユーロ紙幣に描かれている建物はなんですか?

ユーロ紙幣に描かれている建物は、すべてフィクションとなっています。実際、世界の通貨となる紙幣に描かれるものは人物や場所をはじめ、その国の天然記念物となる動物や植物を描く国が一般的です。しかし、ユーロ紙幣には建造物がフィクションとして描かれています。

ユーロの片面のデザインは各国共通ですか?

一般的に硬貨の片面に描かれるデザインは共通ですが、もう片面についてはユーロを使用する各国ごとに異なります。そのため、例えばオーストリアであれば人物像となるモーツァルトが施されています。また、ドイツは伝統的な動物とも言えるワシが描かれているなど、それぞれの国の特色が見られます。

ユーロが使われているのはどこの国ですか?

ユーロが使われているのは、ドイツやフランス、イタリア、スペイン、ベルギー、ギリシャ、アイルランド、ルクセンブルク、オーストリア、オランダ、フィンランド、ポルトガルの12ヵ国です。

ユーロのメリットはなんですか?

ユーロを使用するメリットは、貿易や取引の際に通過を換算する手間がないという点、また換金を行う際に手数料が不要となるなど、お金の価値を有効に利用することができます。

ヨーロッパでユーロを使っていない国はありますか?

ヨーロッパでユーロを使用しない国は、イギリスとデンマーク、スウェーデン、チェコ、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ポーランドです。

 

ユーロは奥が深い!

知っていると自慢できるかも!?ユーロの豆知識

今回はユーロの豆知識について解説しました。

ユーロはヨーロッパで12ヵ国もの国々で使用されるとても便利な通貨として位置付けられていることが分かりましたね。ユーロ圏へ旅行の際は、豆知識を思い出してユーロを使用してみてください。

広告