分散投資の種類とは?「資産」「地域」「時間」で分散しよう

「分散投資」という言葉を聞いたことがありますか?分散投資とは異なる種類の投資商品を購入し、リスクを分散させる方法です。本記事では分散投資の種類やメリットについてみていきましょう。

投資によってお金を増やそうとする方法に投資信託を利用した資産運用が挙げられます。この資産運用は、金利が変動することで元本割れが生じるなどリスクにつながる恐れも。

そこで今回は、そのようなリスクを最小限にする方法として「資産」「地域」「時間」による分散投資の種類について解説します。

分散投資について興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

分散投資の種類3つ

広告

ここでは分散投資の種類を3種類ご紹介していきます。

資産で分散する

資産の分散とは、株式投資、投資信託、債券を運用する際の方法をひとつだけにするのではなく、複数の資産運用方法で分散させた投資を行う方法を指します。これは、それぞれに違った特性を持つ資産を持つことで、値動きの幅が異なることでよりリスクを減少できる方法でもあります。

このように、資産の分散はたったひとつの資産運用方法に偏ることなく、複数の方法で分散投資を行うと、よりリターンも大きくなるため、手段としては最適であると言えるでしょう。

地域で分散する

投資信託を行う際、地域を分散させて投資を行うことでリスクを軽減させることができます。これは、投資信託そのものが国内株式だけではなく米国株式もあり、特に値動きもあり成長発展にある新興国の株式を投資対象とするものがあります。

この時、日本国内でのみ投資を行っていた場合、リスクがひとつに集中してしまうことでリターンを見込めなくなってしまいます。しかし、世界や各地域に分散投資を行っておくと、それだけリスク回避にもなり、投資信託を行うリスクを最小限に抑えることができます。

時間で分散する

分散投資を行う際、時間の分散によって投資するタイミングを分けてリスクを軽減させる方法があります。一度にたくさんの投資を行うことはそれが元金割れとなってしまっては大変です。そのため、値動きの上下に左右されるのではなく、売買のタイミングを少しずつずらして全体的な利益幅を見る方法を行うことで、より確実なリターンを望めるようになるでしょう。

また、この時間の分散による投資信託は、価格変動を見て予測を立てながら調整し投資を行うことができるため、価格変動のリスク回避にもつながり、おすすめの方法です。

*分散投資に関しては「一般社団法人 全国銀行協会」のホームページでも知ることができます。

分散投資のメリットは?

ここからは分散投資のメリットについてご紹介していきます。

リスクを低減することができる

たったひとつの方法だけで集中した投資を行うと、万一の価格変動や為替変動リスクによって損失を受けてしまいます。しかし、分散投資を行うことで損失金額を最小限に抑え、利益幅を狭めることなくリスクを低減させることができます。

売買のタイミングが自由

集中した投資を行っている場合は、短期売買が一般的となります。一方で分散投資を行う場合は複数の商品を長期で運用し、売買を行うことになります。集中した投資は売買のタイミングが価格変動をジャッジして行われるため、運用成績が即座に決まります。一方で分散投資を行う場合は長期的に見た価格変動で売買を行うため、そのタイミングを自由に決めることができます。

安定して利益を得られる

分散投資は長期投資となり運用の際に価格の変動によって資産が減少する期間があることも予想されます。しかし、再び長期的な目線で見て運用をし続けることで利益幅を見越すこともできます。実際、分散投資によって長期投資を行うことでより安定した利益を得ることができると言えるでしょう。

 

分散投資を賢く利用しよう

分散投資の種類について「資産」「地域」「時間」についてご紹介しました。これらの方法で資産を分散させ、分散投資を行うことで、リスクを最小限にした資産運用が可能となります。

資産をしっかりと管理し、リターンを見込める投資信託で分散投資による資産運用を行ってみてはいかがでしょうか?

注意 : 投資を行う際は常にリスクが伴います。金融商品を扱う際は自己責任において十分注意するようにしてください。

広告