あなたはいくつ答えられる?預金に関する気になる疑問を解決!

預金の種類や預金金利が変更されるタイミング、ご存知ですか?本記事では預金に関する気になる疑問に答えていきたいと思います。

銀行預金について、銀行に預ける際に金利がつく理由や、各口座の違い、預金金利やペイオフ制度、マル優など、金融関連で気になるお金の疑問はありませんか?

ここでは、預金に関する8つの質問に回答していきます。あなたはいくつ正解できるでしょうか?

3分くらいで預金の基本が分かるようにまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

預金に関する8つの質問と答え

広告

ここでは預金に関する8つの質問とその答えをご紹介していきます。

預金の種類を教えてください

銀行預金は全部で「普通預金」「定期預金」「総合口座」「当座預金」「貯蓄預金」「大口定期預金」「積立定期預金」の7種類です。

 

預金金利が変更されるタイミングを教えてください

銀行の預金口座に預けている預金には、銀行側から金利を付与されます。この金利はいったいどのタイミングで変更されるかご存知ですか?預金金利は一般的に毎週月曜日に変更されます。しかし、社会情勢や金融情勢によっては、イレギュラーに週半ばで見直しがかかることもあるでしょう。

 

預金金利に税金はかかりますか?

かかります。預金金利に所得税あるいは復興特別所得税が15.315%、また住民税が5%とそれぞれに税金が課せられます。

 

普通預金・貯蓄預金・定期預金の違いを教えてください

普通預金はいつでも入出金が可能ですが、低金利です。また、貯蓄預金は普通預金よりは高い金利がつき、入出金も自由です。しかし、公共猟奇や自動受取には対応していません。そして定期預金については、普通預金と貯蓄預金と比較しても金利が高くなります。しかし、満期まで解約ができません。やむを得ず中途解約する場合は、満期までの金利はつかずそれよりも低くなるでしょう。

 

預金に利息がつく理由を教えてください

預金に利息をつけることで顧客離れを防ぐためです。利息に使われるお金は企業への貸付や国債によりまかなっています。銀行でローンなどが借りられるのも、銀行が資金をうまく運用しているためです。

 

預金金利はどこで確認することができますか?

自身の預金金利については、銀行に設置している金利表示ボードや、各銀行のホームページを見ることで知ることができます。預金金利は、世界の経済事情などの影響を強く受けるため、日本国内の情勢だけで一概に金利の良し悪しを判断することは難しいと言えるでしょう。そのため、金利情報は金融関連のパンフレットなどを確認してみられることをおすすめします。

 

マル優とはなんですか?

マル優という聞き慣れない言葉に困惑する方も多いかもしれませんが、このマル優とは、一定条件を満たす方に限っては、利息に対し非課税とする制度です。特別マル優とは、利府国債と公募地方債に対して一定条件を満たした方のみ利息に対し非課税となる制度のことを指します。

 

ペイオフ制度とはなんですか?

ペイオフ制度とは、保持している金融機関が破綻したという場合、元本1,000万円までとそれまでの利息に対して払い戻しを行うことができるよう、預金保険機構によって保証する仕組みを指します。

 

預金に関する知識は大切!

今回は預金に関する疑問に答えていきました。意外と知らないことが多く驚いた方もいるのではないでしょうか?ぜひ本記事をきっかけに預金に関する知識を深めていってくださいね。

広告