高所得者向けのクレジットカード5選

広告

高所得の人は出費が多いため、現金ではなくクレジットカードで支払いを済ませてしまうことがほとんどですよね!そして、年収が1,000万円を超えたあたりから、クレジットカードの選択基準も変わってくることでしょう。

プラチナカード、ブラックカードなど、高所得者や富裕層を対象に発行されているクレジットカードは多くありますが、あまりに選択肢が多く、どれを選んだらいいかわからないという人も多いはずです。

広告

そこで本記事では、高所得者向けにおすすめのクレジットカードを紹介します。高所得者向けのクレジットカードには豪華な特典が多く用意されているので、どれがいいかよく比較してから選ぶようにしましょう。

アメックスゴールド

高所得者向けのクレジットカード5選

アメックスゴールドは、世界でもっとも知られたゴールドカード!年会費は29000円で、還元率は0.5〜1.0%となっています。このアメックスゴールドは、限度額を上げやすいのが特徴で限度額を1,000万円以上に設定することも可能です。

広告

また、旅行傷害保険では最高1億円が保障されます。

年会費 : 29,000円
ポイント利率 : 0.3%〜1.0%
実質年率は規約を参照
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド 東京都杉並区荻窪4-30-16

MUFG プラチナカード

高所得者向けのクレジットカード5選
MUFG プラチナカードは年会費が20,000円と比較的低価格で持つことができるクレジットカード。

しかし、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できたり、名門ゴルフ場予約代行サービスを受けることができたりなど、一流のサービスが多数用意されています。

そのため、非常にコストパフォーマンスが高いクレジットカードとして人気を集めています。

還元率:0.4%
MUFGカード スマート:1,080円
MUFGカード ゴールド:2,057円
MUFGカード ゴールドプレステージ:10,800円
実質年率 : 12.25%(分割3回払いの場合)
住所:東京都千代田区丸の内2丁目7−1
問い合わせ窓口:03-3240-1111

JCBプラチナ

高所得者向けのクレジットカード5選
JCBプラチナは、JCBが提供するクレジットカードの中で最上級のものとなります。JCBプラチナの申し込み資格は「学生を除く25歳以上で安定した収入のある方」となっており、年会費は25,000円です。

コンシェルジュやプライオリティパスなどのプラチナ特典が充実していることに加えて、飲食代金が30%オフになる「ダイニング30」なども付帯しています。

年会費 : 無料
ポイント利率 : 2.0%
実質年率 : 規約を参照
株式会社JCB : 東京都港区青山5-1-22青山ライズスクエア

ダイナースクラブカード

高所得者向けのクレジットカード5選

ダイナースクラブカードは、年会費が22,000円の富裕者向けのクレジットカード。

ダイナースクラブカードは、27歳以上の人のみが申し込むことができ、コース料理1名分が無料になるなど魅力的なダイニング特典があるのが特徴です。

また、世界850か所以上の空港ラウンジを利用することができるので、旅行好きの人におすすめです。

年会費 : 22,000円
ポイント利率 : 0.4%〜1.0%
実質年率は規約を参照
三井住友トラストクラブ(株) : 東京都中央区晴海1丁目8番10号 トリトンスクエアX棟

ラグジュアリーカード ブラック

高所得者向けのクレジットカード5選

ラグジュアリーカード ブラックは今回紹介するクレジットカードの中での一番ランクが高く、年会費は100,000円となっています。

ハワイアン航空の上級会員資格を無条件で取得することができたり、リムジンでの送迎サービスを受けることができたりするなど、一流のサービスが用意されています。

年会費 : 100,000円
ポイント利率 : 1.25%
実質年率は規約を参照
Black Card Ⅰ 株式会社 : 東京都千代田区有楽町2-2-1

クレジットカードを作ろう!

高所得者向けのクレジットカードにはいろいろな種類があります。それぞれで特典が大きく異なるので、自分に最適なものを選んでクレジットカードを使いこなしましょう!

広告