クレジットカードの概要とその仕組み

広告

クレジットカードとは、後払いで買い物が出来るという大変便利なカードです。利用者にはさまざまなメリットがあります。

たとえば、現金の手持ちがなくても欲しい商品をクレジットカードで決済し、購入することが可能です。さらにポイント加算や、お店での優待・割引などが受けられるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

広告

利用者にとって、クレジットカード最大のメリットは「現金を支払わなくても商品を購入できる」という点ですが、これは何故でしょうか。実はクレジットカードの仕組みは、利用者・お店・カード会社の関係で成立しているのです。クレジットカードについての知識をしっかりと得て、正しい利用を心がけましょう。

クレジットカードでは現金が不要

まず、利用者の立場から見たクレジットカードは、現金を支払わなくても商品が購入できる便利なカードとして位置づけられます。現金の支払いがいらない理由は、クレジットカードを作る際に、カード会社から審査を受けて信用を得ているからです。信用がなければ、クレジットカードを利用することは出来ません。

利率がかかりますが分割払いやリボ払いなどを行うことも可能。実質年率などは各クレジットカード会社の規約に記載されています。

広告

お店側にもメリットがある!

次にお店の立場についてですが、お店では利用者がクレジットカードを使った場合、その代金は後日クレジットカード会社からお店に支払われます。このとき、金額の一部から手数料をカード会社に支払うことになるのです。お店では、クレジットカード会社と加盟店の関係となり、カード決済が出来るようになっています。このことによりお店にとっては集客効果が期待出来ますし、現金の保管が必要ないため売り上げ処理などの業務が効率化されるというメリットが発生するのです。

クレジットカードの概要とその仕組み

カード会社の役割はお店と利用者を繋げること

カード会社の立場で最も大切なことは、まず加盟店のお店と利用者を繋げることです。利用者にはカード利用の場所を提供し、お金を使ってもらうことで加盟店から手数料をもらうことが出来ます。さらに、利用者からは年会費を徴収することで、利益をよりアップさせることも可能です。利用者と加盟店の間を取りもてば、カード会社には大きなメリットが発生する仕組みとなっています。

つまり、利用者はカードで便利に買い物が出来る、お店はカード利用できることから集客力がアップする・業務が効率化する、カード会社はお店から手数料をもらうことが出来るというそれぞれのメリットが存在するのです。

クレジットカードを持つ=信用を大切に!

クレジットカードはこのように、大きなメリットをもたらします。そもそも、クレジットとは英語で「信用」の意味を持っています。この「信用」とは、利用者に対しての「信用」です。「信用」を保持するためには「支払い期限を守る」「利用限度額を確認しておく」ことが非常に大切です。これらに違反すると、新規にカードが作れなくなるなどの不利益が発生することがあります。

広告