クレジットカードを持つべき理由、メリットとデメリットについて

広告

クレジットカードは現代の生活において需要が高くなっていて、キャッシュレス社会を牽引するために重要な役割を担っています。

中心的に使われているのは商品を購入した場合の購入代金ですが、今では商品以外の代金としての利用もできるようになっていて、これからも活躍の場を広げていくでしょう。

広告

他にもクレジットカードは現金ではできないような多くのサービスがあり、これからも多くの利用が期待することが可能になっています。

クレジットカードのメリット

クレジットカードの最大の特徴は代金の支払いが後払いになっているというところであり、その支払い方法も一括以外に分割やリボルビング払いなどに変更することができるということです。

この後払いがその場でできる支払い方法はローン以外ではなく、電子マネーや商品券なども前払いが原則になっています。また購入した商品が破損した場合の補償を行ってくれる場合もあり、保険の付帯や各種サービスを受けられるなど、現金には無いメリットが多くあると言えるでしょう。

広告

クレジットカードのデメリット

デメリットは利用に年会費がかかるものもあり、加入も誰でもできるというわけではなく、審査を受けなければ所持することができないということです。

申し込みの条件は年齢と共に日本国内に居住していること、仕事に就いていて一定の収入があることが条件になります。この仕事については継続して同じ仕事が行えるのであれば雇用状態についてはあまり問われませんが、グレードの高いクレジットカードでは非正規雇用者では審査が難しくなる可能性があります。

クレジットカードの申し込み方法と還元率

申し込み方法は郵送とインターネットによる専用サイトから行う場合があり、すぐに取得したいのであればインターネット経由が便利です。その場合に身分証明書などの提示が求められますが、写真を撮影して送付しても対応してもらえます。郵送ではコピーしたものを送付することになります。

還元率はほとんどの場合でポイントという形式から現金や商品で付与されることになり、この還元率はクレジットカード会社によって違いがあり、一般的には200円で1ポイントが主流になっています。利用料については年会費を徴収しなければ基本的に無料ですが、分割払いを利用すると利率が課せられることになります。

支払いに利用する銀行の住所は原則的には現住所になります。住所が変更したのであれば銀行には住所変更を行っていなければ、利用ができない場合もあるので注意が必要です。連絡先は居住している場所と電話番号で、個人的なメールアドレスを求められる場合もあります。

クレジットカードを持とう

クレジットカードはセキュリティが高くなっていて、不正に使用されると補償を受けられたり本人以外では使えないような機能を持たせています。現在では商品以外にも税金など多くのサービスで使えるようになっているので、現金では得られないメリットがあるのは間違いありません。

広告