クレジットカードの有効期限とは?更新はどのように行うの?

クレジットカードには有効期限があるのをご存知ですか?本記事では、クレジットカードの有効期限がどのような役割を果たしているのかについて解説します。

クレジットカードはとても便利なため、私たちの生活の中に浸透していると言えます。そんなクレジットカードには、有効期限と更新手続きが必要になることをご存知ですか?

このクレジットカードにある有効期限について、なぜ期限が必要であるか、また、更新手続きの方法はどのように行えば良いか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、クレジットカードの有効期限とは何か、また更新手続きはどのように行えば良いかについて詳しく解説していきます。

 

クレジットカードの有効期限はどのように確認するの?

クレジットカードの有効期限は、カードに「月/年」で表示されています。この記載は国際規格となっているため、世界で発行されるカードはすべて同じ形式となっています。

広告

クレジットカードの有効期限がある理由は?

クレジットカードの有効期限が近づいてきたら、更新をしなくてはいけません。では、そもそもクレジットカードの有効期限はどうして設定されているのでしょうか。その理由は下記の3つ。

  • クレジットカードの劣化を防ぐため
  • クレジットカードの不正利用を防止するため
  • クレジットカード利用者を再審査するため

ここでは、クレジットカードに有効期限が設けられている理由について解説します。

クレジットカードの劣化を防ぐため

クレジットカードは、ショッピングなどで何年も利用することで磁気が弱くなり、機能しなくなる恐れもあります。また、ICチップが劣化することで利用不可に陥ることもあるでしょう。このように、クレジットカードの磁気が劣化することで利用したい時にできないなど思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあるため、あえて有効期限を定め、新しいクレジットカードが発行されるようになっています。

クレジットカードの不正利用を防止するため

クレジットカードは、ネットショッピングを利用する際の決済方法に用いられることも多く、その際はカード会員番号以外にカード有効期限を入力する必要があります。そのため、有効期限を定めておくことで、カード会員番号を盗み取られてしまっても不正利用を防止することができます。このように、クレジットカードに有効期限を定めているのは、カード不正利用を防止するためであることが分かります。

クレジットカード利用者を再審査するため

クレジットカードは5年に1度有効期限が定められていることが多く、その有効期限を過ぎる前に新しいカードに更新されるようになっています。その際、自動更新となるため、特に何らかの手段を取る必要はありません。これは、クレジットカード保持者がこれまでの利用に対して返済履歴を確認し、更新後に利用限度画額がアップするなど、実績に応じて再審査を行う必要があるためです。

 

クレジットカードの更新方法

クレジットカードを更新する際は、特別な更新手続きは不要となっています。これは、現在手持ちのクレジットカードの有効期限が迫ってきた際に自動更新となり、新しいカードが簡易書留にて郵送されることになります。そのため、手続き不要で自動更新となるため便利です。

 

クレジットカードの有効期限の設定には理由があった!

クレジットカードの有効期限とは何か、また更新手続きはどのように行えば良いかについて詳しく解説しました。クレジットカードに有効期限が定められている理由は、クレジットカードの劣化や不正利用の防止、また、カード利用者の再審査のために行われていることが分かりましたね。これからもカードを有効利用していくと良いでしょう。

広告