個人間取引であれば物を買うときの消費税は発生しない

消費税が上がると、やはり生活の負担が大きくなると実感する人が多いです。

確かに今までと同じように物を買ったりしている状況では、消費税の増加分に応じて、生活への負担は大きくなります。

ただ、その物の買い方を変えるという点に着目すると、生活への負担を小さくすることが可能になります。ぜひ参考にしてくださいね。

物を買うときには絶対に消費税がかかるわけではない

物を買うときにはお金は絶対にかかりますが、消費税を必ずとられるというわけではないのです。

販売側が消費税を納めないといけないケースというのは売上高に依存し、年間で1000万円を超えない場合には支払いが免除されています。

広告

つまり、小規模で販売を行う傾向にある個人の場合には、ほとんどのケースで消費税を払わずに物を買うことができ、それを利用すると消費税分の負担を避けることができます。

お店で買うのではなく、一般の個人から物を買うことで、購入者としても消費税を支払う義務を免れます。

今はインターネットが発達し、個人が物を売ることが非常にしやすい時代です。

フリマアプリやオークションサイトでは、法人よりも個人が物を売るケースが多く、まさに個人間取引にうってつけの場所となります。

そういった場所で欲しいものを手に入れることができれば、消費税を負担せずに物を買うことができます。

フリマアプリやオークションサイトは実にいろいろなものを売っている

フリマアプリ、オークションサイトは大手の有名なところであれば、売り手も買い手もたくさんいるので、取引は頻繁に行われています。

そういった場所は実にいろいろなものが出品されており、生活に必要なものが売っていることもあります。

普段自分が買っているものがそういったところで売られていることも十分に考えられるので、そういうところを購入場所として検討することが重要です。

普段こういった場所で物を買わない人にとっては、馴染みが薄いかもしれませんが、消費税を払わないで物を買うことができれば、非常にお得ですから知っておくと便利でしょう。

個人間取引に慣れると、こういった場所で物を買う機会が自然と増えて、金銭的にも得するケースが増えると言えます。

ただ、普通のお店で同じものを買ったときと比べて、そもそもの値段が高く設定されている場合もありますから、そこはちゃんと見極めたうえで購入しないといけません。

個人間取引なら消費税が発生しない

物を買うときには通常であれば消費税というものが必要で、その分購入者が負担する金銭が大きくなります。

ただ、個人から物を買う場合には基本的に消費税を納める必要がありません

そこを上手く利用すると、消費税の負担を小さくすることができるので、生活が少しでも楽になるケースが存在するということになります。

広告