現物株を購入しない差金決済取引のくりっく株365

投資に興味をお持ちですか?今回ご紹介するのは「くりっく株365」という金融商品。

くりっく株365は、買値と売値の差額の利益を狙う「差金決済取引(CFD)」です。簡単に言ってしまえば、インデックス投資のことですね。

この記事ではくりっく株365について紹介します。それでは、さっそくみていきましょう。

差金決済取引

差金決済取引は株式取引のような株式自体を購入するのではなく、値動きによって生じた損益部分の金額だけで決済されます。取引の対象は、日経225やNYダウ、ドイツDAX、イギリスFTSEなどの「指数」です。つまり、インデックス投資です。

くりっく株365は株式を購入しないため、高額な資金が要りません。また、いつでも自由に買ったり、売ったりできます。資金の流動性という点では非常に優れた取引です。

広告

なお、くりっく株365はすべて円建てでの取引になっており、為替レートにおける変動リスクがありません。為替が円高になっても、円安に振れても、得られる利益に変わりはありません。

レバレッジの利用

くりっく株365では始めに、取扱業者に取引の元手となる「証拠金」を納めます。ただ、実際の取引では「レバレッジ」の機能を利用できるため、証拠金の最大25倍の金額で取引ができます。例えば、10万円の証拠金で250万円の取引ができます。つまり、25倍の利益を得られるということです

レバレッジが利用できることで、資金効率が大幅にアップします。ただ、高額な利益を狙える反面、大きな損失の出る可能性もあることになります。

売りからの取引

現物株の取引では安い価格で買い、高くなったら売って利益を得るというのが前提です。つまり、株価が上昇しないと利益が発生せず、株価が値下がり傾向にある時は取引ができません。

ところが、くりっく株365の場合は「売り」からも取引ができます。つまり、株価指数が値下り傾向にある時は買うではなく売るという注文を出し、さらに安くなった時に買戻します。結果的に、安い時に買って、高くなったら売る時と同じ利益を取れます。

くりっく株365にかかる税金

くりっく株365で得た利益は申告分離課税となり、税率は所得額に関わらず一律20%です。なお、以下の優遇処置を受けられます。

①損益通算

くりっく株365で利益が出たとしても、FXや日経225先物、商品先物などで、その利益を上回る損失のあった場合は損益通算によって利益が無くなるため、税金が課されません。

②繰越控除

今年度に損失があった場合は、以後3年間の利益額から控除できます。例えば、今年60万円の損失が出た場合、翌年に35万円の利益が出たとしても相殺すると-25万円になるため、税金がかかりません。さらに、-25万円を翌々年の利益額から相殺できます。

広告