キャッシングを行う場合の注意点

大人になるとクレジットカードを持つことができます。そして多くの場合はカード申請時にキャッシングを選択すれば現金を引き出す事ができます。しかし気が付いたら返済に困っていたと言う風にならない様に注意点をお伝えしたいと思います。

返済すると言う意識を忘れない事

恐らくクレジットカードのショッピングの枠と合わせて50万円位の限度額が一般的だと思います。ですので裏を返せばもしショッピングをしなければ、50万円の現金を借りる事が出来ると言う事なのです。

ここで注意点したいのが「50万円と言う現金は皆さんのお金であって皆さんのお金ではない」と言う事です。要約して言えばカード会社から借りているお金ですので返済しないといけないと言う事です。

この意識をちゃんと持っているかどうかでキャッシングの使い方や完済迄の期間がだいぶ違って来るのです。

広告

キャッシングの目的を明確にする事

「50万円あるからいつか返せば良いのでどんどん借りちゃえ」と言う考え方はとっても危険ですのでこの様な考え方は辞めておきましょう。

ですので「何の為に、どうしてキャッシングをするのか?」と言う事を明確にしておきましょう。例えば急な冠婚葬祭が入った場合に貯金も無く普段のお小遣いの中でのやり繰りが難しい場合や病院に行かなければならなくなった等、目的が明確になっている事です。

逆に目的が無く遊びでキャッシングをしてしまいますと、これは終わりのない目的となってしまいますので危険な使い方をしてしまい兼ねません。ですのでちゃんとした明確な目的を持ったキャッシングをする事が大切なのです。

自身が無かったら信頼できる人にカードを保管してもらいましょう

上記の事は分かっていながらも自分の性格を考えると理性が働かなくてなる可能性がある場合にはカードを信頼できる方に預ける事もキャッシングをセーブできる良い方法だといえます。

例えばご両親や配偶者等、もしも貴方がお金を使い過ぎてしまうと悪影響をもたらす配偶者等は信頼できると言えます。使い過ぎを抑えて早く完済できる近道だと言えるでしょう。

キャッシングは目的を明確にしよう

キャッシングは目的を明確に、更に完済計画を立てて活用すれば良いサービスだと思います。しかしダラダラと使い過ぎてしまうと返済に長い期間かかってしまう事となり、皆さんの家計にダメージをきたしてしまいます。

ですので気持ち良く有効活用ができる様な計画を立ててから申請する様にしましょう。

広告