教育ローンとは?気になる質問にも答えます!

子供の成長とともに必要になるのが教育資金。みんなどのように貯蓄を行っているか疑問です。また、教育資金のために教育ローンを利用する方も少なくありません。

実際に教育ローンを利用する際は、どの機関で借りることができるか、また、教育ローンについての気になる質問があるという方も多いはず。

そこで今回は、教育ローンについての疑問や質問に答えていきます!これから教育ローンの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

おすすめ教育ローン

教育ローンを利用する際は、「日本政策金融公庫」がおすすめです。日本政策金融公庫では、上限350万円までの借入を行うことができ、固定金利1.70%、最長15年の返済にて、受験前でも申込を行うことができる手厚い教育ローンとしてしられています。また、在学中の返済については利息のみとすることも可能。各家庭の家族形態や収入等など状況に応じ、金利や返済期間が優遇対象となることもあります。

広告

 

教育ローンに関する質問と答え

教育ローンとは?気になる質問にも答えます!

ここでは、教育ローンに関する質問と答えをご紹介します。

国の教育ローンは審査が甘いですか?

日本政策金融公庫で借入を行う教育ローンは、借主の現況や収入、現在借入を行っている住宅ローン等の返済状況に合わせ判断するため、審査が厳しいという判断や甘い審査を行うという観点ではありません。

学生本人が教育ローンに申し込むことはできますか?

学生本人がすでに成人していて、現在社会人として安定収入を得た上で学生として学業を並行している場合、本人が教育ローンの申込を行うことができます。しかし、現在の業務を退職し、学業に専念する場合は返済計画を行っても返済の見通しが立たないため、他の人(たとえば両親や親族)が申込人となる形で教育ローンへの申込が可能となります。

妻名義でも教育ローンに申し込めますか?

教育ローンの申込は、6親等内の血族及び配偶者、また、3親等内の姻族となるため、妻名義での教育ローンへの申込も可能です。

必ず借りれる教育ローンはありますか?

教育ローンは、低金利で借りられるローンとしては日本政策金融公庫での教育ローンがおすすめです。しかし、審査に通過しなければ借りることはできません。その他の教育ローンとしては、各金融機関が販売する教育ローンがあります。日本政策金融公庫で借入を行う金利ほど低金利ではありませんが、各社の商品ラインナップから選ぶこともできるため、安心して申込を行うことができます。

国の教育ローンに断られました。なぜですか?

断られる理由としては、これまでに金融事故を起こしているなどの可能性が考えられます。滞りなく返済を行っている場合はそのようなことは避けることができますが、信用情報についてはローン申込の段階で必ず審査対象にもなるため、これまでのクレヒスなどは最も重要視される点であることを知っておくことが大切です。

 

まとめ

教育ローンとは?気になる質問にも答えます!

教育ローンについての疑問や質問に答えていきました。日本政策金融公庫で借入を行う教育ローンは、他社と比較してもとても低金利でおすすめです。各人の状況に合わせ借入を行うことができるため、審査に通過すれば低金利で利用できるとてもお得なローンだと言えるでしょう。様々な疑問を解決し、ぜひ日本政策金融公庫で教育ローンを利用されることをおすすめします。

注意 : ローンのお申し込みには常にリスクが伴います。お申し込みの際は利用規約をよく確認するようにしてください。

広告