子ども名義の銀行口座を開設するには?意外な落とし穴も!?

突然ですが、お子さん名義の銀行口座をお持ちですか?本記事では子ども名義の銀行口座の開設方法について解説しています。子ども名義の口座の意外な落とし穴についてもまとめましたので、ぜひご覧ください。

大人と同様、子供も自分名義の口座を開設することができます。しかし、未成年者が銀行口座を開設する際も、本人確認書類等の提出が必要となります。

未成年者の子供名義で口座を開設する際、未成年であっても本人確認書類の提出が求められますので、注意しましょう。

そこで今回は、子ども名義の銀行口座を開設する方法を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

子ども名義の銀行口座開設に必要なもの

子ども名義の銀行口座を開設するには?意外な落とし穴も!?

広告

ここでは、子ども名義の銀行口座開設のために必要なものをご紹介していきます。

親の本人確認書類

子ども名義の銀行口座開設のためには、親の本人確認書類の提出が必要となります。例えば、運転免許証、パスポート、健康保険証などの身分証明書を持参しておきましょう。

子どもの本人確認書類

子ども名義の銀行口座開設のためには、親の本人確認書類はもちろん、銀行口座を作成する子どもの本人確認書類も必要となります。この時、未成年者のため、運転免許証などを持参していないため、健康保険証やマイナンバーカードを持参しておくと良いでしょう。

届出印

子ども名義の銀行口座開設のためには、親と子どもの本人確認書類以外に、届出印を持参しておきましょう。この時、届出印はすでに親の銀行口座開設の際に使用している印鑑でも構いません。もちろん、子ども用としてあらたに届出印を作成しても良いでしょう。

 

子ども名義の銀行口座を開設するメリットと注意点

子ども名義の銀行口座を開設するには?意外な落とし穴も!?

ここでは子ども名義の銀行口座を開設するメリットと注意点をご紹介していきます。

心理的にお金を引き出しにくくなる

子ども名義の銀行口座を開設するメリットは、親が子どものためのお金だと認識する分、子どものために貯蓄したお金に手を付けることがなくなり、自然と子どもの成長とともにお金を貯めやすくなると言えるでしょう。また、キャッシュカードがあっても、なかなか心理的にお金を引き出しにくくなることが分かります。

子どもがお金について学ぶことができる

子どもがお金の大切さや管理を行わなければならないという意識を持つことができるため、お金の価値について考える良い機会を与えることができます。そのため、子ども名義の銀行口座はあえて行っておく方が良いと言えるでしょう。

贈与税がかかる場合も

子ども名義の銀行口座を開設すると、そこに子どものために貯蓄を行ったとしても、いざ、貯まったお金を子どもへ渡すとなれば、それは贈与税対象となってしまいます。しかし、年間110万円までの貯蓄であれば贈与税対象とはなりません。

とは言え、年間110万円を超える分については申告義務があります。また、毎年一定額を贈与する連年贈与を行っていた場合、課税対象となります。そのため、毎年贈与契約書の作成を行い、対策を講じておく必要があると言えるでしょう。

 

子ども名義の口座は作っておくと便利

子ども名義の銀行口座を開設するには?意外な落とし穴も!?

子ども名義の銀行口座の解説方法について解説しました。まだ未成年の子どもに銀行口座を開設するのは、親にとっても子どもにとっても双方メリットがあります。しかし、贈与税対象となる可能性もあるため注意が必要です。子どもの将来のためにも、子ども名義の銀行口座を作っておくととても便利ですよ。

広告