日本の人気のローン3選

広告

金融機関にはさまざまなローンが存在します。ローンとは本来「貸す」という意味を持つ言葉です。これを金融機関では融資する、つまりローンという商品でサービスを提供しています。

自分の収入から蓄えた貯金だけでは不足しがちなライフイベントなどの突然の出費に対して、あらかじめローンとして必要なお金を借りて支払い、その後毎月返済していくというものです。

広告

代表的なローンとしては、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどがあります。それでは、さっそくみていきましょう。

住宅ローンについて

住宅ローンは、名前の通りマンションや一戸建てなどを建築する際に、金融機関からお金を借りるローンです。住居を新築・購入する際はもちろんですが、リフォームの場合や、すでに利用している住宅ローンを別の住宅ローンに変更する、ということも出来ることが特徴です。

種類が多く、住み替え・建て替え・リフォームなどの用途に応じて、それぞれのローンが存在します。金融機関によって変動金利型・固定金利選択型・全期間固定金利型があり、のちの返済金額が異なります。

広告

日本の人気のローン3選

加えて住宅ローンは、借入の際に借り入れする人と、さらに物件そのものの審査があります。審査基準などは、金融機関ごとに異なりますが、「本人要件」と「物件に関する要件」があることに注意しましょう。

マイカーローンについて

マイカーローンは、自動車を購入する際に借り入れするお金のローンのことです。名称は金融機関やカード会社によって異なり、自動車ローンやオートローンなどと呼ばれることもあります。

マイカーローンは金融機関の他にも、自動車メーカーそのものやディーラーが提携している信販会社・損害保険会社などのローンがあり、インターネット上で返済計画をシミュレーションできるなど、多種多様なサービスが存在します。

一般的には、金融機関などのマイカーローンの場合は金利が低く、その銀行などに口座を持っていればさらに金利が低くなるというメリットがあります。ディーラーと提携している会社の場合は、契約の際の手続きが簡素化され、審査も比較的厳しくないというメリットがありますので、どちらが自分に向いているかをしっかりと判断し、最適なローンを選ぶ必要があります。

教育ローンについて

子どもの進学にはお金がかかります。そんなときに利用するのが教育ローンです。一時的な教育資金の不足に対応しています。

教育ローンの中には、金融機関だけではなく、国または公的機関が行うローンが存在します。金融機関の教育ローンは融資額が大きい金額となり、幼稚園から利用することが可能です。自由度が高いのもメリットと言えます。

国や公的機関の教育ローンは、借入条件などが厳しいですが低金利であることが最大の魅力です。しかも、他の公的ローンと併用することが出来ます。このように多くの教育ローンが存在するため、選ぶ際には年収・勤続年数と進学したい教育先を確認しておきましょう。

広告